デバッグ手順

Step-1: Windows上ターミナルエミュレータよりVience-MPBのLinux環境に入り(「Linuxファームウェア開発手順」参照)、実行モジュールを実行します。
Step-2: Vience-MPBの標準出力先はシリアルI/Oとなりますので、ターミナルエミュレータにてデバッグ情報の入出力が行えます。


back next
16/17


INDEX
1. 統合開発環境
2. 開発環境の特徴
3. 開発の対象
4. 開発キット
5. 開発用PCプラットフォーム
6. Linux開発環境の内容
7. DSP(CodeWarrior)開発環境の内容
8. PPC APデバッグツールの内容
9. 開発環境全体
10. 開発の手順
11. 開発用PCのセットアップ
12. 開発用PCの開発環境構築
13. Linuxファームウェア開発手順
14. DSPアルゴリズム開発手順
15. DSPアルゴリズムモジュールの組込み手順
→16. デバッグ手順
17. 実行モジュールのVience-MPBへの組込み手順