DSPアルゴリズムモジュールの組込み手順

Step-1: DSPアルゴリズムのDSPへのダウンロード処理をLinuxファームウェアの初期化処理に実装します。
(アルゴリズムダウンロード機能はMicre-Kernelライブラリとして提供)
Step-2: Windows上ターミナルエミュレータよりVience-MPBのLinux環境に入り (「Linuxファームウェア開発手順」参照)、DSPアルゴリズム(.hファイル) をLinuxファームウェアからインクルードし、コンパイル/リンクし、実行モジュールを作成します。


back next
15/17


INDEX
1. 統合開発環境
2. 開発環境の特徴
3. 開発の対象
4. 開発キット
5. 開発用PCプラットフォーム
6. Linux開発環境の内容
7. DSP(CodeWarrior)開発環境の内容
8. PPC APデバッグツールの内容
9. 開発環境全体
10. 開発の手順
11. 開発用PCのセットアップ
12. 開発用PCの開発環境構築
13. Linuxファームウェア開発手順
14. DSPアルゴリズム開発手順
→15. DSPアルゴリズムモジュールの組込み手順
16. デバッグ手順
17. 実行モジュールのVience-MPBへの組込み手順