DSPアルゴリズム開発手順

Step-1: 開発用PCのWindowsより、CodeWarriorを起動します。
Step-2: DSP側アルゴリズムの開発をCodeWarrior環境下にて行います。 ビルド時にSフォーマットを指定します。
(開発手順の詳細はCodeWarrior説明書を参照)
Step-3: CodeWarriorにて作成したSファイルを、開発キットで提供されるコンバートツールにて、 .h ヘッダーファイルに変換します。 変換後ファイルの文字コードをWindowsユーティリティにてEUCコードへ変換します。


back next
14/17


INDEX
1. 統合開発環境
2. 開発環境の特徴
3. 開発の対象
4. 開発キット
5. 開発用PCプラットフォーム
6. Linux開発環境の内容
7. DSP(CodeWarrior)開発環境の内容
8. PPC APデバッグツールの内容
9. 開発環境全体
10. 開発の手順
11. 開発用PCのセットアップ
12. 開発用PCの開発環境構築
13. Linuxファームウェア開発手順
→14. DSPアルゴリズム開発手順
15. DSPアルゴリズムモジュールの組込み手順
16. デバッグ手順
17. 実行モジュールのVience-MPBへの組込み手順