開発キット

キット内容
Vience-MPB ボード(標準構成)
Vience-MPB デバック用ケーブル
シリアルケーブル
100BASE-TXケーブル
ボードFROM内蔵ソフトウェア(OS、ドライバ、デバッガ)
DSC版組込Linux
DSP用Micro-Kernel
PCIデバイスドライバ
IEEE1394デバイスドライバ
PPC-Linuxセルフコンパイラ
開発用PC側ソフトウェア
PCIデバイスドライバ(Windows2000対応)
DSP開発用ソフトウェア
CodeWarrior+ChipWrights Plugin(Windows2000対応)

注意事項
開発用説明資料は同梱されます
標準構成  DSP用外部SDRAM
RISC用SDRAM
64MB×3
64MB
動作環境  DOS/V(PCIスロット)上で動作
サポートを必要とする場合は別途有償となります
DSPアルゴリズムの提供は有償となります

カスタマイズ
個別カスタマイズのご相談は下記宛てへご連絡下さい。
連絡先 : ダイナミック ソリューションズ(株)企画・営業G
TEL 03−3669−5771
Email sales@dynasol.co.jp

back next
4/17


INDEX
1. 統合開発環境
2. 開発環境の特徴
3. 開発の対象
→4. 開発キット
5. 開発用PCプラットフォーム
6. Linux開発環境の内容
7. DSP(CodeWarrior)開発環境の内容
8. PPC APデバッグツールの内容
9. 開発環境全体
10. 開発の手順
11. 開発用PCのセットアップ
12. 開発用PCの開発環境構築
13. Linuxファームウェア開発手順
14. DSPアルゴリズム開発手順
15. DSPアルゴリズムモジュールの組込み手順
16. デバッグ手順
17. 実行モジュールのVience-MPBへの組込み手順