開発環境の特徴

Vience-MPB開発環境では、PowerPCに実装されるLinux開発環境、DSP側アプリケーション開発環境(CodeWarrior)、DSPのOSとして動作するMicro-Kernel及び、DSC提供のデバッグ用ツールから構成されます。
ユーザはこの開発環境を使用することにより、一般的高級言語であるC言語を使用して、DSP用アルゴリズムを非常に簡易に開発、デバッグ、実装することが可能となります。
また、Micro-Kernelの働きにより、DSPの性能を最大限引出すことが出来ます。



back next
2/17


INDEX
1. 統合開発環境
→2. 開発環境の特徴
3. 開発の対象
4. 開発キット
5. 開発用PCプラットフォーム
6. Linux開発環境の内容
7. DSP(CodeWarrior)開発環境の内容
8. PPC APデバッグツールの内容
9. 開発環境全体
10. 開発の手順
11. 開発用PCのセットアップ
12. 開発用PCの開発環境構築
13. Linuxファームウェア開発手順
14. DSPアルゴリズム開発手順
15. DSPアルゴリズムモジュールの組込み手順
16. デバッグ手順
17. 実行モジュールのVience-MPBへの組込み手順