Vience-ePM




レイアウト原則01.png

Dynamic Solutions Co., Ltd. updated 2011-02-10 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

Intelligent STB Solution

Vience-ePMの特徴

  • 現在大変注目されている Internet Protocol TV に対応したインテリジェント Set Top Box です。
  • SDカードやインターネット、イントラネットにより提供されるH.264圧縮の映像・音声データを取り込み、リアルタイムにて伸張しながら出力(アナログ/デジタル)することが可能です。
  • 高圧縮が可能なH.264への対応により、HDTVなどの高精細画像(ハイビジョン)の映像・音声データに対応したマルチキャストでの映像配信を可能とします。
  • ChipWrights社製の高性能 DSP(Digital Signal Processor) CW5631 の1チップで構成され、低コスト、低消費電力でコンパクトなソリューションを提供します。
  • CW5631はマルチ・コア構成のハイパフォーマンスな SOC(System on Chip)です。RISC CPU(ARM926)と組込みLINUXで制御されるこのDSPは、プログラマブルで、ユーザ固有機能の組込み、カスタマイズ、機能追加が可能です。
  • ユーザは、PC上の番組作成プログラム(別途提供)を利用し、番組コンテンツの作成や、H.264形式への圧縮、さらに複雑な番組表の作成が容易に行えます。作成されたコンテンツや番組表は、SDカードに保存したり、インターネットを経由してVience-STBへ配信します。